毎日1億個作られる精子、生涯新しく作られることはない卵子

女性の卵子の老化とは、具体的には何が起きているのでしょうか。

それを見ていく前に、卵子の生い立ちのおさらいをしてみたいと思います(卵子は、一人前の卵子になるまでに何度も名称を変えますが、ここではどの段階のものも基本的に「卵子」と記します)。

女性の卵子は胎児の時に作られます

胎児の時期に作るのは、「卵祖細胞」という細胞。卵祖細胞は、妊娠初期に約700万個もの卵子を作り、そこで消えてしまいます。

精子を作る「精祖細胞」は精巣の中にずっとあって精子を生涯に渡って作り続けますが、卵子を作る「卵祖細胞」は、一気に一生分の卵子を作りあげていなくなってしまうのです。

ですから、卵子は、その後は新しく作られることがありません。最近は、IPS細胞で卵子が作れるのではないか、という話も出てきましたが、そうした技術が実用化されるのは、まだかなり先のことでしょう。

700万個の卵子は、その後、胎内で消えてしまうものもあり、また、あるものは一人前の卵子になるまでの成長プロセスを途中までたどります。そして、生殖細胞特有の分裂である「減数分裂」という過程の前半を終えた段階で、成長が一度ロックされます。

誕生時、女の子の赤ちゃんの卵巣には、長い休眠状態についている発育途上の卵子が200万個ほどあります。

700万個の卵子は思春期にすでに20万個に激減

誕生後も卵子は、自滅して数が減っていき、思春期までに出生時の10分の1に減少。

つまり、初潮を迎える時には、当初700万個作られた卵子はすでに20万個に減っているのです。そして女の子が初潮をむかえ、脳下垂体から分泌される卵胞刺激ホルモン(FSH)の刺激を受けるようになると、卵子は順番に長い眠りから目を覚まし、成熟のプロセスを再開します。

これも、男性とはまったく対照的です。男性の場合は、個人差もありますが平均的には毎日1億個ほど精子が出来上がってきます。

そして、できたそばから精子の一時保管庫である精巣上体へと押し出されます。使われない場合は、せいぜい10日程度で吸収されて消えてしまい、次々に出来上がってくる新しい精子に場所を譲るということを延々と繰り返しています。

精巣が、精子をどんどん作っては出荷する工場であるのに対し、卵巣は、何十年も前に作られた卵を大切に寝かせていて、少しずつ起こして使っています。

卵子が目覚める順番がどのように決まるのかは、まだ謎に包まれています。

ほとんどの人は、「卵子は生理周期のはじめに来月の排卵を目指す卵子が一斉に起きて、その中のひとつが選ばれて排卵する」と学校で教わったのではないでしょうか。

しかし、今日の不妊治療の最先端では、事実はそれほど単純ではないことがわかってきました。

最終選考に残れない卵子

「卵子が目覚めていく様子は、コップの中で、お砂糖か塩の塊が溶けていくのをイメージするとわかりやすいですよ」

体外受精に長く取り組んでいる浅田レディースクリニック(愛知県名古屋市)の浅田義正院長は、そう説明しています。

「卵巣に眠っている卵子は『原始卵胞』といって、今の超音波診断の技術ではまだ見ることができないほどとても小さな卵胞。それが、生理周期と無関係に、間断なく起きて来ます。若い人なら、1日平均30~40個、つまり月に1000個くらいは、新たな原始卵胞が起きて育ち始めるんですよ。その小さな小さな卵子は、ほとんどがすぐに消えてしまうのですが、ごく一部のものは数ヵ月くらい生き続けて医師が日で観察できる大きさになります」

3ヵ月目に入る頃には、最終選考に残った約1%の卵子の中から、いよいよ、排卵するたった1個の卵子が決まる時を迎えます。それは、卵巣の中でたまたま一番大きく成長したものが選ばれると考えられています。

ひとつの卵子が決まると、他の卵子はすべてしぼんで、消えてしまいます。この仕組みにより、ヒトは基本的に複数の胎児を宿すことなく、1人ずつ出産します。

年齢の高い人ではどうなるのでしょうか

高齢出産の人は若い人のように卵子の在庫数がありません。卵子は毎日起きてはなくなっていき、最後はほとんどなくなって閉経になります。ですから、高年齢女性では起きてくる卵子が少なく、従って最後の段階まで生き残る卵子もわずかとなります。

卵子の数は年齢と共に減っていく

若い人なら少なくても5個、多い人では20個近い卵子が最終選考に残ることができますが、高年齢の人はそこまで残りません。個人差や月による差もありますが、40歳くらいだと、若い人のおよそ半分くらいか、まったくなくなってしまうこともあります。

それは、妊娠率も下がることを意味しています。

「受精するのはたったひとつの卵子だから、質がよい卵子があれば数は不要では」

という気もしますが、生命の自然淘汰の合格基準はとても厳しく、参加者が少なければ「該当者なし」になってしまいます。

卵子がいよいよ本格的に少なくなると、身体は生理周期を維持できなくなります。卵子の在庫数が1000個を切ると排卵が起こらなくなり、月経も止まって閉経になります。

年齢が高い人の卵巣は、買ってから時間が経ったミカン箱

老化の進んだ卵子は、数が減るだけではなく「質も低下している」と医師たちは言います。

2013年2月、米ニューヨーク医科大などのチームは、「卵子の老化」はDNAの損傷を修復する機能が低下して起きるのではないかという研究結果を発表しました。また、老化した卵子では、細胞質の中にあり、エネルギーを供給する器官であるミトコンドリアが老朽化して機能低下を起こしていると考えられています。

ミトコンドリアがよく働かなくなってエネルギー不足になった卵子は、染色体の本数異常が起きやすくなります。染色体の本数が違ってしまった命は、大部分は生まれてくることができません。

もしくはダウン症のような染色体異常をもって生まれてきます。

ダウン症は染色体の本数が1本多い

 

 

染色体とは

身体の設計図であるDNA(遺伝子)が折りたたまれたものです。

DNAはふだんは長く伸びていますが、細胞の分裂期になるとタンパク質に巻きつき、それが折りたたまれて棒状の染色体を形成します。ヒトの染色体は基本的に46本です。

ただ例外として、人体の細胞の中で卵子と精子だけは、受精した時にパートナーの精子あるいは卵子と合体するので、「減数分裂」と呼ばれる独特の分裂で染色体を半減し、23本にして受精に備えます。

ところが、卵子は、老化すると、この減数分裂が音手になり、若い人より頻繁に、染色体の数が22本あるいは24本の卵子ができてしまいます。そうすると、受精卵の設計図に通常とは異なるところが出てきてしまうのです。

染色体不分離と呼ばれる現象

実は、年齢を問わず誰にでも頻繁に起きています。

全年齢の女性で受精卵を調べると、何と全体の約4割に染色体異常が発生しているそうです。ただ、年齢が上がるほど、その発生率が上昇していきます。

41歳の母親の流産児を調べると約9割に染色体異常が見つかったという報告もあります。

先に原始卵胞の目覚めについて説明してくれた浅田義正医師は、高年齢女性の卵巣の様子をミカン箱にたとえて患者さんに説明しています。

「買って来たばかりの新しいミカン箱をあけた時は、箱一杯に新しいミカンが入っていて、どのミカンをとっても食べられますよね。でも、時間が経てば、数は減っているし、残っているミカンも傷み出して食べられないものが出て来ます。これが、年齢が高くなった人の卵巣なんです。その箱のミカン全部がだめではなく、探せば、いいミカンがあります。ただ、だんだん探すのが大変になっていきます」

卵子が育たないとホルモンが暴走

可能性のある卵子はまだ残っているけれど、若い時と同じではない!

そんな「産める」と「産めない」の中間地点にいる女性がよく悩まされるもののひとつに、卵胞刺激ホルモン「Follicle Stimulating Hormone」(FSH)の分泌過剰があります。

卵胞刺激ホルモンは卵子に成熟を促すホルモン

生理周期のはじめに大活躍するとても重要なホルモンで、「前回の排卵は妊娠不成立に終わったらしい」という情報をつかむやいなや、月経の真っ最中に脳下垂体から卵巣と子宮めがけて飛び出してきます。

ところが年齢が高い人では、卵子がなかなか成長しません。すると脳下垂体は、「これでは量が足りないのかな」と思って、どんどん卵胞刺激ホルモンの量を増やしてしまいます。

「これでは、なかなか勉強しない子どもに、うるさい親ががみがみ言い続けているのと同じですよ」

とは、先ほどからミカン箱などのたとえで卵子の世界をわかりやすく説いてくれている浅田義正医師の言葉です。

「そうなると卵子はどうなるかというと、ますます反応しなくなっていきます。身体には、強い刺激が長期間続くとそれに慣れっこになってしまい、無反応になっていくという性質があるからです」

そこで今、40代女性の不妊治療に取り組む医師たちは、更年期症状の緩和によく使われるエストラジオールという女性ホルモンの合成薬で脳下垂体をなだめる治療法を模索しています。卵子は、立派に成熟するとエストラジオールを大量に放出するようになります.

 

女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは女性らしい体型をつくり、周期的に排卵や月経を起こして妊娠に備える状態を維持する重要な働きがあります。また自律神経のバランスを保ち、脳や骨、筋肉、皮膚などの働きや感情のコントロールとも非常に深い関連性があります。このエストロゲンの主要成分のいとつがエストラジオールです。
ヘルスケア大学

 

だから、薬でエストラジオールを入れると、脳は卵胞が自分の望み通りに育ってきたと錯覚し、がみがみ言わなくなるので、卵子が本来の力を出せるようになります。

ホルモンがたくさん出るなら結構だという気もしますが、実は「過ぎたるは及ばざるが如し」なのです。

卵子の老化と子どもの優秀さは無関係

老化しない身体はありませんから、すべての卵子は確実に老化します。しかし、ここでひとつ注意しておきたいことがあります。

卵子が老化し、質が低下するといっても、母親の年齢と生まれてくる子どもの能力とは何の関係もありません。もしも母親が若いほど生まれてくる子が優れているならば、兄弟は常に上の子ほど優秀でなければおかしいということになります。

高齢出産で生まれた偉大な人物としては、明治の文豪・夏目漱石がいます。漱石は、母・千枝さんが42歳の時に出産した末子でした。

千枝さんはすでに子どもは大勢いたのでその年齢で妊娠したことを苦にしていたようですが、もし、当時も避妊があって千枝さんが高齢出産をきっちりと防止してしまっていたら、日本文学には大変な損失となるところでした。

2008年に掲載された『朝日新聞』の連載記事「天才の育て方」には、史上最強の棋士、羽生善治名人(当時・年齢は37歳)の母・ハツさんが75歳で登場しています。

羽生三冠も、ハツさんが37~38歳の時に生まれた高齢出産ベビーでした。

その卵子が将来人間になるものとしてどのような潜在能力を秘めているかということと、卵子の老化の問題は混同してはいけないということをここで申し添えておきます。

35歳以上が自然妊娠できる力は20代の半分

卵子の老化は、自然な妊娠においてはどのような影響が出るのでしょう。

Dunsonという研究者は、妊娠希望中で避妊をしていないカップルだけを集めて排卵日を特定する方法を教え、438の生理周期で「妊娠したか」「排卵日の何日前にタイミングを取ったか」を報告してもらい、その結果を年齢別にまとめた報告を生殖補助医療の国際的専門誌「Human Reproduction」に発表しました。

それによると、どの年齢でも、妊娠しやすい日は排卵日の5日前から排卵日当日までの計6日間で、最も妊娠した人が多かったのは「排卵日の2日前」でした。そのベストの日にセックスがあった場合、19~26歳の女性はなんと半数以上が妊娠しました。

ところが、その値は女性の年齢が5歳上がるごとに確実に低下。35歳を越えた女性では、3割しか妊娠しませんでした。35歳以上の女性は、20代前半の女性に較べると、妊季性が半分になっています。

さらに、女性が35~39歳の場合は、男性の年齢にも影響を受けていることがわかりました。

相手が5歳以上年上、つまり40歳以上だと、それより若いパートナーがいる女性に較べて妊娠率が3分の2になってしまいました。

男性の老化は女性ほど大きな変化ではないのですが、女性の妊率性がぎりぎりになってくると影響が出てくるようです。

30代後半の結婚、3割は子どもなし

国立社会保障・人口問題研究所による「出生動向基本調査」で夫婦に子どもの数が増えていくテンポを見ても、やはり30代後半で結婚すると、子どもをひとりもうけるのに20代の2倍の年月がかかっているのがわかります。

第14回調査(2010年実施)で子どもの平均数を結婚年齢別に見ていくと、女性が35~39歳で結婚した場合、結婚後5~9年後の時点で平均出生子ども数は0,77人と1人に届きませんでした。

まとめ

これに対して、20代前半に結婚した女性では、同時点の平均出生子ども数は1,88人。35~39歳の2倍以上の子ども数になっており、多くの家庭に2人目の子がいるようです。

この調査では、35~39歳に結婚した女性の最終的な平均出生子ども数は1,6人となりました。ですから1人は授かったという方が多いようですが、この年齢では次の子がすぐに妊娠できないことも多く、2人目が出産できた方は少数のようでした。

専門家のあいだでは、Menkenという研究者による、子どもがいない夫婦になる率(生涯不妊率)の研究も有名です。

この報告によると、女性が20代女性で結婚すれば、1人も子どもが生まれないというケースはほとんどないと考えられました。

これが、30代後半に結婚したとなると約4割に、40代前半の結婚では、約6割に子どもが持てない夫婦が出るという試算結果となりました。

SNSでもご購読できます。